大型ソーシャルゲーム『城姫クエスト』日本の名城がコラボした特製ポスターが掲示中!

カテゴリ: アプリ情報

 プレスリリースによりますと、大型ソーシャルゲーム『城姫クエスト』と日本の名城がコラボレーションするらしいですよ!現実の名城の写真を背景に、名城を擬人化した「城姫」が特製ポスターに登場、各城に掲示されるとのことです。

 

 特製ポスターに城姫が登場しているのは、弘前城(青森県弘前市)、仙台城(宮城県仙台市)、小田原城(神奈川県小田原市)、稲葉山城(岐阜県岐阜市)、萩城(山口県萩市)、福岡城(福岡県福岡市)の6名城。特製ポスターは天守閣など各城の敷地内に掲示されるそうです。

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

 

城姫×日本の名城 特製ポスターデザインと掲示場所

●弘前城(青森県弘前市)

城姫コラボ01_弘前城

 東北で唯一の現存天守を持つ。春に見ることのできる緑の銅瓦と桜の花びらの美しい組み合わせは、城姫にも受け継がれている様子。

【掲示場所】弘前公園緑の相談所

【協力】弘前城天守

●仙台城(宮城県仙台市)

城姫コラボ02_仙台城

 別名「青葉城」。大手門脇櫓(やぐら)や修復された本丸跡の高石垣など、城姫のモチーフになっている建築物をぜひその目で。

【掲示場所】本丸会館内

【協力】青葉城本丸会館

●小田原城(神奈川県小田原市)

城姫コラボ03_小田原城

 再建された天守閣や常盤木門などからは、城姫の「小田原城」が自負する当時の難攻不落の様子をうかがい知ることができる。

【掲示場所】「天守閣」「券売所」「資料館」「観光課」「市役所」の全5カ所

【協力】小田原城天守閣

●稲葉山城(岐阜県岐阜市)

城姫コラボ04_稲葉山城

 戦国時代、かの織田信長はここ「稲葉山城」を「岐阜城」と改名するとともに、天下布武(てんかふぶ)を掲げ天下を目指した。天下取りを目指す城主は必見のポスター。

【掲示場所】ロープウェー山麓駅

【写真提供】岐阜市

●萩城(山口県萩市)

城姫コラボ05_萩城

 指月山とその麓に築かれた城で、現在は石垣や塀のみが残る。萩の町に今も残る松下村塾では、かつて吉田松陰が講義を行い、その教えは城姫にも受け継がれている。

【掲示場所】萩城跡指月公園内無料休憩所

【協力】萩市

●福岡城(福岡県福岡市)

城姫コラボ06_福岡城

 そこに天守はあったのか?築城の名手、黒田官兵衛が築いた広大な城。城姫「福岡城」とともに現代の技でよみがえる天守の秘密とは!?

【掲示場所】福岡城鴻臚館案内処「三の丸スクエア」

【提供・協力】福岡市

「城姫クエスト」とは

 「城姫クエスト」はお客さま自身が城主となり、日本全国各地の名城を擬人化した個性豊かな「城姫」を編成、育成、強化し、敵の城姫と戦う戦国城主シミュレーションゲームです。日本全国の名城が美少女となって続々登場し、お気に入りの城姫がちびキャラとなって戦場を懸命に駆け巡ります。「熊本城」役の早見沙織さん、「内城」役の金元寿子さんといった豪華声優陣が城姫たちに息を吹き込み、より一層ゲームを盛り上げます。今年誕生20周年を迎えたアスキー・メディアワークスのコミック雑誌「月刊コミック電撃大王」にて、2013年10月より連載中のお城擬人化企画がゲームの原作となっています。

 

⇒『城姫クエスト』公式サイト

 

(C)KADOKAWA CORPORATION 2014 (C) GREE, Inc.