キャラクター紹介第5弾!『タワー オブ プリンセス』憂いを帯びた美しい姫君「人魚姫」を紹介

カテゴリ: アプリ情報

 プレスリリースによりますと、フィールズ株式会社は、事前登録数10万件を突破した、おとぎ話の世界をみんなで冒険するオンラインRPG『タワー オブ プリンセス』において、キャラクター紹介第5弾として憂いを帯びた姫君「ルーツィア」(人魚姫)の情報を公開しました。

 

 そのほか、関連するキャラクターたちの情報やキャラクター相関図なども公開。現在も事前登録受付中なので、興味ある方はチェックしておきましょう。

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

 

キャラクター紹介第5弾 憂いを帯びた美しい姫君「人魚姫」

「あぁ…泡になってしまいそう。」

憂いを帯びた美しい姫君
ルーツィア(人魚姫)(CV:原由美)

001_人魚姫

 プレイヤーが仕えることができる姫の1人で、海底宮殿ウォロペアーレ城に住む美しい人魚。シンデレラを敬愛し、自分だけを見て欲しい思いと、シンデレラの博愛主義との狭間で葛藤している。寂しがり屋な性格も手伝って、周囲からたくさんの愛情をそそがれて育ってきた。愛があることが当たり前の環境しか知らないため、仲間を傷つけるような相手に対しては感情を爆発させる事も。

004_人魚姫SD003_人魚姫城内002_人魚姫会話

原作「人魚姫」とは

 人魚姫は、難破船から王子を助け出す際に、一目で彼に恋をしてしまった。人魚は人前に姿を現してはいけないため、助けた王子を影から見守っていると、王子は通りかかった娘を命の恩人だと勘違いしてしまう。王子に恋心を抱く人魚姫は、王子を救ったことを伝えたい一心で海の魔女を訪れ、声と引き換えに人間になる薬をもらう。人間になった人魚姫は王子と共に宮殿で暮らすが、声を失ったため助けたことを話せず、王子は勘違いしたまま他の娘との結婚を決める。悲しみに暮れる人魚姫に姉たちが、王子を殺すことで人魚に戻れると短剣を渡すが、人魚姫は王子を殺せず、人知れず海に身を投げ泡に姿を変えた。

ルーツィア(人魚姫)に関連する、その他のキャラクター達 (一例)

引き篭もりの海の魔女
オクタヴィア

201_オクタヴィア202_オクタヴィア会話

 ルーツィアの友人で海底奥深くに棲む海の魔女。魔法薬で少女の姿に扮しているが、本人曰く素顔はとても醜いという。「放っておいて」と言う割にとても依存的で、沈没船の小部屋に閉じこもって亡霊と話すことで心を癒している。

 

いじわるな海の妖精
メルジーネ

203_メルジーネ204_メルジーネ会話

 高飛車でいじわるな海の妖精だが魔物に近い存在。頼みごとをしても対価を要求されるだけで何もしてくれないが、彼女の正体を見破ると態度が急変する。口癖は「わたしを誰だかご存知なの?」

 

ちょっと残念な吟遊詩人
ヴォルフラム

205_ヴォルフラム206_ヴォルフラム会話

 港町ヴォルフォーレに住む吟遊詩人。街の多くの女性が彼の詩歌で心を癒している。自分に陶酔しきっており、厨二病をこじらせたような発言も。時折駄目人間な「素」の部分が出ることがある。

人魚姫たちが住む港町ウォロペアーレ

301_港町ウォロペアーレ

◆キャラクター相関図

302_相関図

タイトル基本情報

  • タイトル名:タワー オブ プリンセス
  • ジャンル:オンラインRPG
  • サービス開始日:2015年夏予定
  • 対象OS:iOS 8以上/Android 4.2以上かつ2014年以降発売の機種
  • 価格:基本無料(アイテム課金制