『妖怪百姫たん!』人気キャラ「青龍」「朱雀」が最高レアリティ【極】に覚醒昇華可能に!

カテゴリ: アプリ情報

 プレスリリースによりますと、株式会社KADOKAWAは、運営する大人気スマートフォンアプリ『妖怪百姫たん!』において、5属性の聖獣すべてが「極」に覚醒昇華できるようになったことを記念し、「聖獣覚醒キャンペーン」を開催すると発表しました。

 

 レア召喚「覚醒の導き・聖獣」も開催。11連レア召喚最後の1体は「SSR青龍」「SSR朱雀」「SSR麒麟」「SSR白虎」「SSR玄武」のいずれかが確定とのこと。興味ある方は、最新の情報をチェックしておきましょう!

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

 

「聖獣覚醒キャンペーン」開催!

「聖獣覚醒キャンペーン」開催!

 ついに「青龍」「朱雀」が覚醒昇華!5属性の聖獣が「極」に覚醒昇華できるようになったことを記念して、特別キャンペーンを実施します!

1.「覚醒の導き・聖獣」開催!

 キャンペーンを記念して、レア召喚「覚醒の導き・聖獣」を開催!今回の「覚醒の導き」は「SSR青龍」「SSR朱雀」「SSR麒麟」「SSR白虎」「SSR玄武」の召喚確率がアップ!!そしてさらに!! 11連レア召喚最後の1体は「SSR青龍」「SSR朱雀」「SSR麒麟」「SSR白虎」「SSR玄武」のいずれかが確定で召喚!!

 

[覚醒昇華追加]

 2016/6/7(火)15:00 ~

[覚醒の導き・聖獣 実施期間]

 2016/6/7(火)15:00 ~ 6/17(金)23:59:59

※期間は変更になる可能性があります

 

▼東帝神獣・青龍-せいりゅう- CV:太田五葵

 東の守護神獣。天の四方を司る玄武・朱雀・白虎のうち一番の常識人で、みんなのまとめ役。個性的すぎるほかの四神にいつも振り回される苦労人。長い舌を持つ龍の姿で描かれることが多く、春の象徴とされている。

東帝神獣・青龍-せいりゅう--CV:太田五葵

属性:木 種族:神 レアリティ:極

■覚醒昇華素材

陰陽珠×2個
逆鱗×20個
鳳翼×20個
R敏腕・如意自在
R篝火・燈台鬼

 

▼南帝神獣・朱雀-すざく- CV:藤井美波

 南の守護神獣。正々堂々とした戦いを好む、誇り高き騎士。秘めた闘志をたぎらせ剣を交えることを愉しみさえする、戦場の麗人。フェニックスや鳳凰と同一視されることも多く、福を招く神として崇拝されている。

南帝神獣・朱雀-すざく--CV:藤井美波

属性:火 種族:神 レアリティ:極

■覚醒昇華素材

陰陽珠×2個
鳳翼×20個
仙甲×20個
R篝火・燈台鬼
R中庸・幣六

2.百姫巡行「玉繭の蚕姫・参」開催!

 キャンペーンを記念して「SSRオシラサマ」がランキング報酬で手に入る、百姫巡行「玉繭の蚕姫」の第三弾を開催!難易度は「初級」「中級」「三途」「焦熱」になります。

※詳細は百姫巡行「玉繭の蚕姫・参」開催中に表示される「百姫巡行とは?」をご確認ください

 

[実施期間]

 2016/6/13(月)15:00 ~ 6/17(金)14:59:59

※期間は変更になる可能性があります

3.曜日探索に難易度【焦熱】追加!

 素材や獄銭がドロップする曜日探索に難易度【焦熱】を追加!火曜~土曜の曜日探索の【焦熱】では上位素材の獲得率がアップ!月曜日の曜日探索の【焦熱】では獲得できる獄銭の量がアップ!

 

◆曜日探索

  • 月曜:月光洞[獄銭ドロップ探索]
  • 火曜:朱雀門[火属性素材ドロップ探索]
  • 水曜:玄武門[水属性素材ドロップ探索]
  • 木曜:青龍門[木属性素材ドロップ探索]
  • 金曜:白虎門[金属性素材ドロップ探索]
  • 土曜:麒麟門[土属性素材ドロップ探索]
  • 毎日:おいてけ堀[全下位素材ドロップ探索]

 

[実施期間]

 2016/6/7(火)15:00 ~

※期間は変更になる可能性があります
※おいてけ堀【焦熱】は下位素材量アップのみになります

4.特別ログインボーナスを実施!!

 キャンペーンの期間中「山彦の鍵」が手に入る、特別なログインボーナスを実施!他にも「銅の秘鍵」や「仙丹」など便利なアイテムをプレゼント!

 

[特別ログインボーナス実施期間]

 2016/6/7(火)0:00 ~ 6/17(金)23:59:59

※期間は変更になる可能性があります

5.週末は合魂大成功、煩ノウ大成功、妖術Lv.アップ発生確率2倍!

 聖獣覚醒キャンペーン中の週末は合魂大成功、煩ノウ大成功、妖術Lv.アップの発生確率が2倍に!

 

[実施期間]

 2016/6/11 (土)0:00 ~ 6/12(日)23:59:59

※期間は変更になる可能性があります

 

⇒『妖怪百姫たん!』公式サイト

オススメの記事とコンテンツ