スピンオフWEB小説「ネクロス国の死霊魔術」―死霊魔術と5体目のメイドドール【第九話】

カテゴリ: その他

 皆さまどうも!こんにちは!毎週週末に配信、シナリオ関係でお世話になっている「株式会社共幻社」さんと共同ではじめました「ネクロス国の死霊魔術」のスピンオフWEB小説の第九話を配信いたします!

 

<本編の概要>

 死霊魔術を扱う種族が集まった”ネクロス国”を舞台とした、女王「アンジェリカ」とその家臣「レイミ」。今回は侯爵より、メイドドール4体を納品するよう依頼を受けますが…なんと、そこにあるはずもない5体目のメイドドールが!アンジェリカとレイミ、そしてメイドドールたちが織り成すドタバタ劇をお楽しみください。

 

⇒目次はコチラ!

 


第九話  ルークフェルト公爵のメイドドール

「──えっ、庭師さん!?」

 

 ぽんこつドールたちと合流したレイミの第一声が、それだった。宣言通り数分で目を覚ましたアンジェリカが、大儀そうに口を開く。

 

「……彼は、庭師ではない。ルークフェルト公爵その人だ」

「えー!」

「当然、公爵も私に気づいていた。身分を隠したほうが都合がいいと判断して、レイミの勘違いに乗ってくださったんだ」

「そ、そうだったんですかあ……」

 

 まったく気づかなかった自分を恥じてか、レイミが肩を落とす。それを尻目に、公爵が慇懃に一礼した。

 

「女王アンジェリカ。此度は命を救って頂き、感謝の言葉もございません」

「礼なら、ぽんこつに言って頂きたい。あなたを助けたいと言ったのは、ぽんこつなのだ」

 

 アンジェリカが、安らかな寝息を立てるドールの頭を優しく撫でる。

 

「──いや、もうぽんこつではないな。レイミの話を聞く限りでは、戦士と魔道士の適正を併せ持つ”魔法戦士”とでも言うべき変異体のようだ」

「すごかったんですよ! 一息で何十メートルも跳び上がって、──ざん! ざん!」

 

 見えない剣を振るい、レイミが先程の光景を再現する。

 

「たった二撃で倒しちゃったんだから! ……もちろん、私もすごかったですけどね!」

 

 そう言って、大きな胸を張った。

 

「……まさか、一度見ただけで”ヴィジャヤ”をラーニングするとはなあ。私が習得したときは、十年くらいかかったんだが」

「ふっふっふー」

 

 鼻高々のレイミをよそに、

 

「──……う……」

 

 ドールが、ようやく目を覚ました。

 

「……ご、しゅじんさま……無事だったんだ……。よかった……」

 

 ドールが力ない笑みを公爵に向ける。

 

「──…………」

 

 しばしの沈黙ののち、公爵が言った。

 

「メイドドールよ。主人でもない私を、命を賭してまで救ってくれて、ありがとう」

「あ──」

 

 ドールの表情が翳る。

 

「……そっか。ぼく、メイドじゃなかったんだ……」

 

 それを見かねてか、

 

「──あの、公爵さま」

 

 レイミが、公爵に告げた。

 

「ぽんこつ──ドールちゃんを、雇ってあげてくださいませんか? そしたらドールちゃんも姉妹と一緒にいられるし、ハッピーエンドだと思うんです」

 

 公爵が、きっぱりと答える。

 

「私が注文したのは、メイドドール四体です。その事実は変わりません」

「そんな……!」

 

 レイミの言葉を遮るように、ドールが口を開く。

 

「……いいの。公爵さまは、ぼくのごしゅじんさまじゃないけど、みんなのごしゅじんさまなんだ」

 

 残念そうに、しかし、必死に笑顔を浮かべながら。

 

「だから、うれしい。たすけることができて、うれしいから」

「──…………」

 

 レイミが不満げに目を伏せる。

 

「……やっぱり、気難しくて頭が固いって噂、本当なんですね」

 

 場を静観していたアンジェリカが、レイミに問う。

 

「レイミよ。公爵は、何故国境にいたと思う?」

「なぜって──」

 

 小首をかしげながら、

 

「……なぜでしょう?」

「私たちを追いかけてきたのだ。私たちが途中で夕食をとっていたおかげで、追い抜かされてしまったがな」

「……?」

「だって、そうとしか考えられまい」

 

 アンジェリカが、肩をすくめる。

 

「公爵は、筋を通す御方だ。融通がきかないとも言える。だからこそ、気難しいなんて評判が立つのだろうな」

「そうですね……」

「注文したのは、メイドドール四体。だから、その四体しか受け取ることができない」

 

 アンジェリカの言葉を受けて、公爵が続ける。

 

「……だからこそ、メイドドールをもう一体、再発注しに来たのです」

「えっ」

「え……」

 

 意外な答えに、レイミとドールが目を見合わせる。

 

「それも、自ら隣国を訪れるほど急いで、だ」

「急がねば、処分されてしまうかもしれないと思いましたから……」

 

 レイミが、非難するような声音で告げる。

 

「だったら、私たちに言いつけてくだされば──」

 

 アンジェリカが、レイミの言葉を遮る。

 

「あのとき、私たちは、女王でも側近でもなかった。ただの、ネクロスからの使いでしかなかった。そして、公爵は一介の庭師に過ぎなかった。それが、どうして、ドールを身請けするなどと言える?」

 

 レイミが呆れたように言う。

 

「……本当に、融通がきかないんですねえ」

「よく言われます。ですが──私は、そのようにしか生きられないものですから」

 

 公爵が、アンジェリカに向き直る。

 

「アンジェリカ女王。本来書面ですべき依頼を、このような場で直接お願いする無礼、どうかお許しください」

「構いません、ルークフェルト公爵。それで、依頼とは?」

「メイドドールを、一体──いや」

 

 公爵が、ドールの背中を優しく撫でた。

 

「彼女を、身請けさせていただきたい」

「ごしゅじんさま……!」

 

 アンジェリカが目を細める。

 

「理由は? 相応の理由がなければ、貴重な変異体であるこのドールをお譲りするわけには行きません」

「女王!」

 

 レイミが、咎めるような目でアンジェリカを睨む。

 

「よいのです」

 

 レイミに一礼すると、公爵はアンジェリカに向き直った。

 

「他の四体のドールが寂しがるから──というのは、言い訳に過ぎませんね。私は、心を動かされたのです。他の姉妹のために、自らを差し出す、その尊い精神に。それは、人間とて、必ずしもできることではありません」

 

 公爵が、慈愛のこもった視線でドールを見つめる。

 

「──だから、彼女を助けたくなった。それが、理由です」

 

 アンジェリカが、鷹揚に頷く。

 

「わかりました。では、ドールの意思に委ねましょう」

 

 アンジェリカは、その場にひざまずくと、横たわり上体を起こしたままのドールと目線の高さを合わせた。

 

「お前は、どうしたい?」

「──…………」

 

 ためらいがちに、ドールが答える。

 

「……ごしゅじんさまのところで、はたらきたい、です」

「よし」

「わ」

 

 ぐしゃぐしゃ。アンジェリカが、乱暴に、ドールの頭を撫でる。

 

「お前は今からルークフェルト公爵のメイドドールだ。ネクロスの名誉を汚さぬよう、身を粉にして働くのだぞ」

「はい!」

 

 ドールが笑顔で頷いた。

 

「──よろしく頼む、フィフ」

「ふぃふ……?」

「君の名前だ。少々安易だが、五番目だから、フィフ。気に入らないかい?」

「!」

 

 ドールが、ぶんぶんと首を横に振る。

 

「うれしい……です!」

「それは、よかった」

 

 公爵が、ドールに右手を差し出す。ドールは、その手を取り、立ち上がった。そんなふたりを眺めながら、レイミが小声でアンジェリカに告げる。

 

「……一件落着、ですね」

「たしかに、それはそうなのだが……」

 

 アンジェリカが、苦笑しながら言う。

 

「元はと言えば、お前が錬成中に居眠りをしたせいなのだからな」

「覚えてましたか」

「忘れてたまるかあッ!」

「ひ~」

 

 そんな漫才を尻目に、公爵が告げる。

 

「さあ、帰ろうか。私たちの家へ」

「はい!」

「──とは言え、魔法馬車は壊れてしまったのだったな」

「国境警備隊に保護してもらいましょう。フェンリル級を討伐したとは言え、まだ十一頭の魔狼が野放しのままですから」

 

 アンジェリカがそう提案すると、公爵は頷いた。

 

「そうですね。フィフがいれば、大丈夫だとは思うけれど」

「おまかせください!」

 

 公爵の御者を背負いながら、フィフが大剣を実体化する。

 

「ふつうの魔狼なんて、いちげきでやっつけちゃいますから!」

「はは、頼もしいな」

 

 四人は、談笑しながら関所へと向かう。リーダーであるフェンリル級の魔狼が倒されたことで恐れをなしたのか、襲撃はなかった。

 別れ際、フィフがふたりに頭を下げた。

 

「ありがとうございました!」

 

 アンジェリカが答える。

 

「なに、気にするな。公爵に恩を売れたのだから、むしろ黒字というものだ」

「そうじゃなくて……」

 

 フィフが、恥ずかしげに口を開く。

 

「……つくってくれて、ありがとうございました」

「!」

 

 レイミが、はっと息を呑む。

 

「こ、こちらこそ」

 

 そして、胸いっぱいの何かを隠すように、震える声で返した。

 

「生まれてきてくれて、ありがとう……!」

 

 フィフが笑顔を浮かべ、駆け去っていく。

 

「──…………」

「泣いておるのか?」

「……泣いでばぜん……」

「泣いとるじゃないか。ほら、胸くらい貸してやる。少々薄いがな」

「ヴぁい……」

 

 ドールと共に、レイミも成長していく。
 それが無性に愛おしくて、アンジェリカはレイミを優しく抱きしめたのだった。

 

 

 

≪第八話 最終話≫

 

☆☆☆次回へ続く☆☆☆
来週金曜日の公開予定、お楽しみに!

 

⇒「ネクロス国の死霊魔術」アプリ配信中!

 

シナリオ制作「株式会社共幻社」のご紹介

 編集プロダクションとして書籍の編集校正・シナリオ作成などを請け負うほか、出版社としては電子書籍の発行、小説コンテストの開催といった企画を継続して行っています。『創作をもっとおもしろく』をモットーに、クリエイターの皆さまと連携しながら、より魅力的なコンテンツを作り出したいと考えています。

 

⇒「株式会社共幻社HP」