スピンオフWEB小説「ネクロス国の死霊魔術」―死霊魔術と5体目のメイドドール【最終話】

カテゴリ: アプリ情報

 皆さまどうも!こんにちは!毎週週末に配信、シナリオ関係でお世話になっている「株式会社共幻社」さんと共同ではじめました「ネクロス国の死霊魔術」のスピンオフWEB小説の最終話を配信いたします!

 

<本編の概要>

 死霊魔術を扱う種族が集まった”ネクロス国”を舞台とした、女王「アンジェリカ」とその家臣「レイミ」。今回は侯爵より、メイドドール4体を納品するよう依頼を受けますが…なんと、そこにあるはずもない5体目のメイドドールが!アンジェリカとレイミ、そしてメイドドールたちが織り成すドタバタ劇をお楽しみください。

 

⇒目次はコチラ!

 


最終話  メイドドール フィフ

「──と、いうわけで、ドールの輸出による収入は横ばい。先月が収穫期でしたから、全体としては微増傾向にあります」

 

 レイミの決算報告に、アンジェリカが言葉を返す。

 

「だが、もうすぐ厳冬期が来る。浮いた金で、入り用なものを輸入しておかねばな」

「国がまとめて輸入して、国民に格安で卸す。余った作物を国が買い上げるから、貨幣が国民に行き渡る。この仕組みを考えた人、頭いいですよねえ」

「褒めるな褒めるな──と言いたいところだが、この社会構造自体は、ネクロスが国として成立する前からあるものだぞ。我が国と相性がいいことは確かだがな」

 

 掛けてもいない眼鏡を押し上げながら、アンジェリカが続ける。

 

「ドールの輸出を国家でやっているところが味噌だ。国庫が潤っているから、インフラの整備や公共物の保全などの国家事業を、国内企業に有償で委託することができる。輸出で手に入れた金貨を使い、経済を回しているのだな。だが、このシステムにも、もちろん不備はある。ネクロスは、ドール以外の産業や特産品が非常に少ない。国民が貨幣を稼ぐ機会が極めて乏しいのだ。アポロニアに出稼ぎに行く労働者の多さが、それを物語っている。法整備でどうにかなる問題ではないが、改善策を考えておかねばな」

「ほあー……」

「なんだ、そのアホ面は」

「女王、すごいなあって思いまして」

「すごいって、こんなものは経済学の初歩の初歩だぞ。まったく、この調子では、すべてを叩き込むころには老婆になっているかもしれん……」

「可愛いおばあちゃんになりたいですわ」

「皮肉だ、気づけッ!」

「ひ~」

 

 お決まりのやり取りのあと、レイミが懐から一通の手紙を取り出した。

 

「そうそう、女王にお手紙が来てたんでした」

「手紙? 誰からだ」

「アポロニアの、ルークフェルト公爵からです」

「……まさか、あのぽんこつが何かやらかしたのではあるまいな」

「ぽんこつじゃなくて、フィフちゃんですよ」

「ああ、そうだったそうだった。ともあれ、読んでみないことにはなんとも言えん。開けてくれ」

「はい」

 

 レイミが、ペーパーナイフで手紙の封を解く。

 

「ほれ」

 

 そして、アンジェリカの伸ばした右手に、便箋を握らせた。

 

「えーと、なになに?」

 

 しばし読み進めたあと、

 

「……ふっ」

「女王、笑ってます?」

「笑ってない」

「何が書いてあったんですか?」

「なに、ただの時候の挨拶だ」

「そんなので笑うはずないじゃないですかあ! 私にも読ませてください!」

「隣国の公爵からの親書を、そう簡単に読ませるはずなかろう」

「依頼書は見せてくれたのに……」

「あれは見せんと受注できんだろうに」

 

 呆れたように言ったあと、アンジェリカが言葉を継ぐ。

 

「──だが、まあ、内容くらいは教えても構わんか」

「はい!」

「とりあえず、フィフはフィフなりに頑張っているようだよ。トラブルメーカーではあるが、そこは他の四体がしっかりフォローしている」

「ふむふむ」

「メイド適正こそないものの、努力すればある程度はなんとかなるものなのだな。このあいだは、ひとりでシチューを作ってみせたそうだ。このあたりの書き方が、孫を見る祖父のようでなあ」

「ふふっ」

「あとは、外出する際のSP代わりとしても重宝しているらしい」

「フィフちゃん、規格外に強いですからねえ」

「──とまあ、そんな感じで、公爵はネクロスのドールをたいへん気に入ってくれたようでな。今後、さまざまな業種や分野において、ネクロスのドールの導入を検討くださるそうだ。友人方にフィフを見せびらかしているそうだから、そちらからも注文が入るかもしれないな」

「おー! 私の居眠りが国益に繋がるとは」

「まったく、災い転じて福となすとはこのことだよ」

「私のおかげですね!」

 

 アンジェリカが、呆れたように言う。

 

「災い本人の態度か、それが……」

「ひ~──って、あれ? ぜったい怒られる流れだと思ったのに」

「……今回の件に関しては、非常に怒りづらい。なにせ、現に結果を出しているからなあ」

「えへへ」

「──だが、失敗は失敗。居眠りは居眠りだ。今回の救出劇は、さまざまな幸運の上に成り立っている。フィフが錬成されなければ、そもそも公爵が魔狼に襲われることもなかったのだ」

「……でも、フィフは、作ってくれてありがとうって言ってました」

「言ってたが……」

「だから、私、今回のことは後悔してません。次からは、もちろん、気をつけますけど……」

「──…………」

 

 溜め息ひとつついて、アンジェリカが言う。

 

「まあ、よい。改める気があるのなら、強くは言わん。それより、私は腹が減ったぞ。おやつを頼む」

「まだ午前十時ですけど……」

「十時のおやつを知らんのか」

「よく太らないなって感心しちゃいます」

「成長期だからな」

「御年583歳で、どこを成長させるおつもりなんでしょう……」

「もうすこし胸が膨れてくれんかのう」

 

 アンジェリカがぺたぺたと自分の胸を触る。

 

「女王はそれでいいんですよ」

 

 レイミが、小声で呟く。

 

「……もっと包容力があったら、全力で甘えちゃいそうですし」

 

 その小さな呟きを聞き逃したのか、アンジェリカが訝しげにレイミを見上げる。

 

「いま、なんか言わなかったか?」

「言ってませーん」

「まったく、悪口だったら承知せんぞ」

「そんなこと、言いませんよ。──あなたは、私の、大切な女王さまなんですから」

 

ネクロス国の物語は、これからも続いていく。
騒がしい女王と、おっちょこちょいな側近が、また別の物語を紡いでいくだろう。
だが、それはまた別のお話。

 

 

≪第九話  

 

おかげさまで最終話まで配信することができました!
また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

⇒「ネクロス国の死霊魔術」アプリ配信中!

 

シナリオ制作「株式会社共幻社」のご紹介

 編集プロダクションとして書籍の編集校正・シナリオ作成などを請け負うほか、出版社としては電子書籍の発行、小説コンテストの開催といった企画を継続して行っています。『創作をもっとおもしろく』をモットーに、クリエイターの皆さまと連携しながら、より魅力的なコンテンツを作り出したいと考えています。

 

⇒「株式会社共幻社HP」