萌えドロイド

哲学的ストーリーとキュートな美少女たちが融和『ギャングスタ・リパブリカ』萌えAPPにてリリース開始

カテゴリ: アプリ情報

 プレスリリースによりますと、株式会社ハブロッツは、スマートフォン向けゲームアプリ『ギャングスタ・リパブリカ』を2018年3月9日(金)より、スマートフォン向け萌え系コンテンツ配信サービス「萌えAPP(もえあっぷ)」/「禁断のギャルゲー」にて配信を開始したと発表しました。

 

 また、「禁断のギャルゲー」ストア内での購入を限定に、10%ポイントプレゼントキャンペーンを開催する模様です。興味ある方は、最新の情報をチェックしておきましょう!

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

[PR]

元長柾木×ミヤスリサがタッグを組んだ、新感覚美少女恋愛ADV

 人気イラストレーターのミヤスリサが描くキュートな萌え系美少女と、脚本家の元長柾木によるイチャラブだけでは終われない哲学的シナリオが融合した、新感覚の恋愛アドベンチャーゲーム。

 悪を信奉する『ギャング部』に集った主人公と4人のヒロインたちが、己の信条を胸に論争を繰り広げる。プレイを進めるにつれ明かされてゆくのは、世界の仕組みとヒロイン達の思想。それがぶつかり合う時、主人公は誰かひとりを選ぶことになる。読めば読むほどハマりこむ、哲学的恋愛アドベンチャーをいますぐ楽しもう!

【ストーリー】

 篤志部――ギャング部の部室には、ご丁寧に額縁に入れられて、こんな言葉が掲げられている。――邪悪であれ。

 「悪が世界を変える」と信じている叶の発案によるスローガンであり、ギャング部のただ1つの行動原理である。

 ある時は、子供たちの遊び相手になると称して、若い貴重な時間を奪い――またある時は、おばあちゃんの引っ越しを手伝うと称して、お礼にお菓子をせしめる。これが、彼らの「悪」。

 学園内で。商店街で。駅前で。街中で。ギャング部の面々は、悪を成す。

 なぜなら、悪であることは、仲間であることの証だから。心の中のガラクタを捨てられない彼らは、悪の名の下にめぐり逢った仲間なのだから。だから今日も、叶はつぶやくのだ。

 「……さて、悪いこと、探しに行くか」

 仲間と共に、悪党どもの共和国(ギャングスタ・リパブリカ)での時間をすごすために。

『ギャングスタ・リパブリカ』配信記念キャンペーン

 『ギャングスタ・リパブリカ』配信を記念し、 『禁断のギャルゲー』ストア内で本作をご購入されたお客様に、ご購入額の10%をポイントとして今だけのプレゼント!

※「禁断のギャルゲー」は株式会社NTTドコモが提供する「dメニュー」、KDDI株式会社が提供する「auポータル」、ソフトバンク株式会社が提供するスマートフォン版公式メニューにて数々の萌え系美少女恋愛アドベンチャーゲームを提供するゲームアプリ配信サイトです。

ゲーム概要


スクリーンショット



アプリ概要

  • コンテンツ名:「ギャングスタ・リパブリカ」
  • ジャンル:コミュニティ追求型ADV
  • 対象年齢:全年齢
  • 販売開始:2018年3月9日(金)
  • 価格:1,620円(税込)
  • 対応OS :Android 2.3以上

 

⇒萌えAPP『ギャングスタ・リパブリカ』