萌えドロイド

世界初のVTuber専用ライブ配信プラットフォーム『REALITY』8月7日より提供を開始!

カテゴリ: アプリ情報

登録タグ: REALITY

 プレスリリースによりますと、株式会社Wright Flyer Live Entertainmentは、世界初となるVTuber専用ライブ配信プラットフォーム『REALITY』を、2018年8月7日(火)より、配信を開始したと発表しました。

 

 2018年秋には、PCや専用機材は一切不要でスマートフォンのみで誰でも簡単にオリジナルアバターが作れVTuberとしてライブ配信ができるアバタープラットフォームα版「REALITY Avatar(仮称)」の公開も予定しているようです。興味のある方はチェックしておきましょう!

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります

[PR]

 WFLEは、全人類が物理的な制約から解放され、「なりたい自分で、生きていく」世界を実現するという長期ビジョンのもと、VTuberとして生きていくためのエコシステムを構築します。具体的には、「VTuberデビューの支援」、「継続的な活動のためのファン獲得および収益化の支援」、「社会のあらゆる場所でVTuberが活躍できるコミュニティ拡大」に関するさまざまな取り組みを展開します。

 

 VTuberの人気は2017年12月以降急速に拡大しており、現在も毎月多くのVTuberがデビューしその勢いは増し続けています。しかし、2018年7月26日時点で4300人以上のVTuberがデビューしているものの、2200人がチャンネル登録者数100人以下であり、2500人以上が1か月以上動画の更新がない状況です。継続的な活動のためには、ファンの獲得および収益化が不可欠であり、WFLEはVTuberのファンとの交流と収益化を支援するプラットフォームとして「REALITY」を提供します。

 REALITYでは、VTuberが毎日ライブ配信を行い、VTuber同士のコラボ配信を積極的に実施するなど、まずは月間で約60時間配信し、順次拡大していく予定です。配信初日の8月7日21時からは、2018年6月にWright Flyer Live EntertainmentとIPプロダクション「Ficty」による共同プロデュースでデビューした、リタとリズのMC2人からなるバーチャルガールズユニット「KMNZ(ケモノズ)」によるライブ配信を開始します。

 

 ファンとの交流面については、コメントやギフト機能を用意しており、3D着せ替えギフトにも対応します。収益化については、配信初日から有償ギフトにより売上を獲得できます。REALITYでの配信に関する独占条項はなく、他の配信プラットフォームを利用することも可能です。
なお、サービス開始を記念して出演VTuber応援キャンペーンを実施し、2018年11月末までは手数料0%、3Dモデル制作料0円、売上還元率200%となります

 

 全人類が「なりたい自分で、生きていく」世界を実現するため、WFLEはVTuberとして生きるためのエコシステムを構築し、多くのVTuberがあらゆる場所で活躍できる社会の実現へ向け進んでいきます。

REALITYに出演予定のVTuber

 画像:左から順に「かしこまり」「ゲーム部プロジェクト」「ねこます」「月ノ美兎」「ときのそら」「すーぱーそに子」「KMNZ」今後も多くのVTuberが続々と出演予定です。

REALITY参画プロダクション

■REALITY Avatar(仮称)とは

 WFLEのビジョン「なりたい自分で、生きていく」の達成へ向け、スマートフォンで誰でも簡単にVTuberになれるアバタープラットフォームのα版を2018年秋に公開予定です。PCや専用機材は一切不要で簡単にカスタマーアバターが作れ、そのまますぐにREALITYでライブ配信が可能です。アバターアイテムは毎月100個以上の新作を追加予定です。また、すでに自作しているアバターをこのアバタープラットフォームにインポートすることもできます。

 

⇒『REALITY(リアリティ)』公式サイト

オススメの記事とコンテンツ