4つの章で構成された長くて短い「夏」の不思議なストーリー『水夏』。各章のヒロイン達を紹介しちゃうぞ

カテゴリ: アプリ情報

海と山に囲まれた常磐村(ときわむら)を舞台とした、四編からなるオムニバスストーリー『水夏』。

 

各章とも舞台は同じですが、ヒロインなどの登場人物と物語が異なります。

そこでこの記事では、各章のストーリー概要と登場するヒロインやキャラクター達をご紹介しちゃいます。

各物語は、ひまわり、風鈴、焼とうもろこし、麦わら帽子、蚊取り線香、海の見える坂道……、そんな潮騒だけが名物のような村で繰り広げられる、長くて短い「夏」の不思議なストーリー。

 

グイグイとユーザーを物語の世界に惹き込んでくれるこの作品は、無料で体験版をプレイできます。

体験版のレビューはこちら「長くて短い「夏」の恋愛アドベンチャーが登場!『水夏~SUIKA~』」に書いてますので、興味がある方はチェックしてね。

各章のストーリー概要

第一章:

風間彰(主人公)は、思い出の地である常磐村に帰ってきた。偶然訪れた神社でかつての友人である水瀬伊月と再会を果たす。そして彰は、忘れていた過去の記憶が掘り起こされ……。

第二章:

上代蒼司(主人公)は、村人から変人扱いされ、敬遠されている天才画家の父を持つ白河さやかと親しい関係を築く。しかし彼女を取り巻く環境は複雑で……。

第三章:

京谷透子と恋人関係にある柾木良和(主人公)。しかし、最近になって違和感を覚え始めていた。それは義妹の柾木茜の存在。その違和感が良和の心の闇となって次第に大きくなっていく……。

第四章:

父危篤の報せを聞いて故郷の磐村に帰ってきた稲葉宏(主人公)。そこで人語を解するぬいぐるみを抱いた不思議な少女と出会い、心を通わせるうちに……。

第一章登場のヒロイン。水瀬 伊月(みなせいつき)  

 
「あなたに、伝えたい言葉があるんです……。」

第一章登場のヒロイン。

常磐神社の巫女さん。漫画とアニメが好きで、少々オタク気味。

かつては内向的な性格だったが、村を訪れていた第一章主人公・風間彰という少年との出会いにより、前に進むための力を得た。

彰と伊月、そして伊月の双子の妹小夜は、ある果たせなかった約束を、今も胸に秘めていた……。

第二章登場のヒロイン。白河 さやか(しらかわさやか)

 

「ぼんじゅ~る、おっひるごはん♪」

第二章登場のヒロイン。

死をテーマに絵を描く父親を持つために、村で孤立している少女。

そんな彼女は、持ち前の明るさで今日も元気に昼寝と散歩を繰り返していた。

だがこの夏、さすがに落第のピンチを迎えたさやかは、学園と美術講の後輩である第二章主人公・上代蒼司に家庭教師をお願いすることに……。

 

 

 

次のページでは、柾木 茜、京谷 透子、名無しの少女をご紹介!

 

 

1 2