萌えドロイド

揺らがないADV「WHITESOFT」の名作『猫撫ディストーション』がAppStoreにて配信!

カテゴリ: アプリ情報

 株式会社ハブロッツは、「WHITESOFT」の名作『猫撫ディストーション』をAppStore向けに配信を開始したと発表した。

 

 本タイトルはGooglePlay版を先攻配信されていたが、今回の配信によりiPhoneユーザーの方もスマホで『猫撫ディストーション』を楽しめるようになった。ファンの方には嬉しいニュースだ。

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

[PR]

『猫撫ディストーション』作品概要

 原画に「ミヤスリサ」「月音」「みやま零」、シナリオに「藤木隻」「元長柾木」と豪華クリエイターが一堂に集結。「家族」をテーマに個性的で可愛らしいキャラクターと哲学的なシナリオで高い評価を得たPC向けアドベンチャーゲームがスマホ向けに生まれ変わって登場。

 流星群が降り注ぐ夜をきっかけに、突如別人へと変貌してしまった家族と死から蘇った妹、さらに人間になった飼い猫を相手に、新たな家族の形を模索する新感覚のアドベンチャーゲーム。プレイ中に現れる選択肢によって、全5種類のエンディングへストーリーが変化する。

ストーリー

 妹である琴子はとある難病にかかっていた。そのため、ほとんど一日中、部屋の中で本を読んだりして静かに過ごしていた。琴子が部屋に入っている時は、驚かせないために、決して部屋の中に入ってはいけない決まりだった。ある日の夜、流星群が訪れて夜空に無数の流れ星が降り注いだ。星や宇宙の写真を見るのが好きだった琴子に、流星のことを知らせようと、主人公は琴子の部屋のドアを開けてしまう。ドアを開いた主人公が見たのは、息をしてない琴子の姿。それはドアを開いて驚かせてしまったからなのか。それとも琴子はドアを開く前から息を引き取っていたのだろうか?

 主人公は、琴子が死んだのは自分が原因という思いに囚われ、この一件から、物事を決定(あるいは確定)できない性格になってしまった。こうして怠惰な日々を過ごすようになった主人公だが、あの夜と同じように夜空に流星群が降り注いだある日、ふと昔を思い出して妹の部屋を訪ねると、なんとそこには元気な琴子の姿があったのだった。しかも翌朝には父や母までもが妹の死などなかったかのごとく振舞っており、さらには飼い猫までが人間の少女へと変貌してしまう。あまりの出来事に戸惑いながらも、状況に流されるまま、主人公は家族との新たな関係を模索し始めるのだが…。

 

⇒AppStore『猫撫ディストーション』