萌えドロイド

VRMモデル/VRoid Hub対応のARカメラアプリ『Vismuth』配信を開始!

カテゴリ: アプリ情報

登録タグ: Vismuth

 株式会社GATARI内のクリエイティブチームMonolabは、VRMモデルを現実に重ね合わせて写真を撮ることができるiOS/Android向けARカメラアプリ『Vismuth』の配信を開始したと発表した。

 

 モデルがあたかも現実世界にいるかのような実在感のある写真を撮ることができる。好きなモデルを、好きなポーズ・好きな表情で撮影を楽しもう。

 

以下、プレスリリースの内容を抜粋して掲載。
※一部、画像などを加工して掲載している場合もあります。

[PR]

Vismuthとは

 Vismuthは、アバターのいる生活を切り取ることができるiOS/Android端末向けのARカメラアプリです。モデルが地面に落とす影や、エフェクトの効果などにより、モデルがあたかも現実世界にいるかのような実在感のある写真を撮ることができます。VRM(注1)/VRoid Hub(注2)に対応し、デフォルトのモデルに加えて、自作のVRMモデルや許可されたVRoid Hubのモデルと一緒に写真撮影が可能です。

3Dモデルデータの管理

 ユーザーは用意されたデフォルトのモデルに加えて、自分で所持しているVRMモデルを専用のサーバーにアップロードして管理することができます。さらにPixiv IDでログインすることで、VRoid Hubでユーザーがアップロードしたモデル、および他ユーザーがアップロードしたモデルをアプリ内で使用可能です。

好きなモデルを、好きなポーズ・好きな表情で撮影

 撮影はモデルの配置、ポージングや表情の選択、エフェクト撮影の順に行うことができます。ポーズはあらかじめ用意された数十種類の中から選択可能で、表情もスライダーによって調整することができます。

フィルター・エフェクトで写真をより魅力的に

 カラーグレーディングのプリセットや特殊エフェクトを適用しながら撮影することで、よりストーリーに富んだ魅力的な写真になります。現実の景色にエフェクトをかけることでモデルが現実と馴染み、より実在感のある写真撮影が可能です。

 

⇒『Vismuth』公式サイト