ADW.Launcher特集 第2回 – 『メンドイけど覚えておきたい用語』☆用語を覚えるとオプションがいじれます

ADW.Launcher特集 第2回は、便利なADW.Launcherを使うために覚えておいた方が良い用語を個人的にまとめてご紹介します。細かいところは覚える必要はなく、ココを覚えておいたら良いよー的な用語を選択しました。

これを頭の片隅にいれておけば、ADWのオプション設定を全部は網羅していませんが、設定をご自身でいじれるようになる項目が増えてくると思います。

 

オプションの項目に、「あーなるほど・・・このことか」と勘が働けば、設定可能な内容が複数あっても、

「じゃぁここを・・・こうすると・・・・。ふんふん、こうなるのね」

「んじゃ次はこの設定にすると・・・ ほうほう、じゃぁ、僕はこれが使いやすいからこれにしよう」

という具合に応用が利くようになります。

 

覚えるのはメンドイけど、できる限り絞って書いてますのでチャレンジしてみてください。

言葉だけ頭に入れておいて、後でこのページを見直すのも良いと思います。

 

偉そうなこと言って申し訳ないですが、私的にまとめます。

用語のまとめ(超個人的)

スクロール

意識せずにみんな使っている指で左右(または上下)スライドすることによってページをめくるアクション。ホームでは左右だかドロワーは設定によって上下も使えます。

スワイプアップとスワイプダウン

上下垂直にスライドすることによって使えるアクションのこと。上:スワイプアップ下:スワイプダウンです。

 

これを覚えていると短縮動作を設定できます。逆に理解していないと「あん!?変な動作しやがって」と思います(僕がそう思ったw)。

デスクトップ(ホーム画面)で使えます。(他でも使えたらゴメンナサイ)

ステータスバー

ランドスケープ/ポートレイト

縦向き、横向きを英語で表記したもの。

ランドスケープ = 横向き

ポートレイト = 縦向き

ドロワー

」ボタンをクリックして開くことができる「アプリ一覧」のメニューのこと。

ドック(メインドック)

ここに良く使うアプリのショートカットを持ってくると便利ですよ。

インジケーター

Androidのホーム画面は複数枚(枚数は変更できる)あるので、今どこのページにいるのかを表している「○○●○○」ってヤツのこと。

設定によっては、スクロールバーのようにバーで位置を表示できたりする。

マージン

「とあるモノとモノの余白」と思っていただければOK。

例)アイコンのマージン = アイコンとアイコンの余白を指す。

エフェクト

視覚効果のこと。

ズームエフェクト速度 = ズームするときの視覚効果の速度を表す

 

 

以上ですが、他にあったら追加しますー。

この用語を見ながらADWの設定項目を見ると、いくつか設定を変更できるようになると思います。また、次回からは上記の用語を使って説明していきますので、ぜひ覚えてくださいね。

 

次回は、僕が使っていて元の戻し方に迷った「おぅ!?消えちゃったぞ??」の対応方法を書いてみたいと思います。