ADW.Launcher特集 第4回 – 『ホーム画面を増やしたり減らしたり』☆使用可能な画面数をカスタマイズするよ!

皆様こんにちわです。今回で4回目となります「ADW.Launcher特集」ですが、ホーム画面の追加方法を書かせて頂きたいと思います。

 

ホーム画面は、Androidを使っていると様々な動作において基本になる画面で、皆様は既に良く使うアプリのショートカットやウィジェットなどを配置し、各個人ごとに一番使いやすい便利な形にカスタマイズされているハズです。

ADW.Launcherでは、ホーム画面を増やしたり減らしてりすることができるので、使いやすさがさらにアップ!ついつい増えてしまうショートカットやウィジェットをホーム画面毎に別けて、自分に使いやすいホーム画面にカスタマイズしましょう。

 

ちなみに私のホーム画面は7枚、左から順に

[スケジュール系用] - [何も無し] - [ウィジェット用] - [電話など良く使うショートカット用] - [時計] - [ブラウザやタスクコントロール等アプリ関連用] - [何も無し]

ってな感じで画面ごとに自分ルールで使い分けています。

 

ちなみに「何も無し」とは、ショートカットもウィジェットも何も無い画面で、壁紙観賞用の画面である。

 

すいません。前置きが長くなりましたが設定の手順を解説いたします。

「メニューボタン」-「編集」で追加・削除

設定の方法は非常に簡単。Android本体についている「メニューボタン」を押して表示されるメニューにある「編集」から設定することができます。はじめ自分は「追加」かなと思ったのですが、こちらはショートカットの追加メニューでホーム画面の追加は「編集」になります。

見たらすぐわかると思いますが、使い方はこんな感じ。

 

  • 「+」 ホーム画面の追加
  • 「×」 ホーム画面の削除
  • 「左右」(両端にある矢印) ホーム画面の移動(入替)
  • 「ピン」 デフォルトホーム画面の設定

 

今後バージョンで変わるかもですが、レビュー時の最新版では追加できるホーム画面は7枚が最大枚数になります。

 

中心にある黄色のピンは、デフォルトホーム画面の設定に使います。デフォルト画面に設定すると、「デフォルトデスクトップに移動」に割り当てているアクションで移動先のホーム画面になるので使いこなすと便利です。

※例えば「スワイプアップアクション」の動作を「デフォルトデスクトップに移動」に設定するなど。

 

 

とまぁこんな感じでホーム画面の枚数を増やしたり減らしたり自分好みにカスタマイズできます。画面枚数のカスタマイズは本当に便利ですよ。

 

 

次は、ADW.Launcherの細かいオプション設定を解説する前に覚えておくと便利な設定のバックアップ機能について書きたいと思います。