変身後はナイスバディ。愛と正義と任侠の魔法少女アドベンチャー『二代目は☆魔法少女』の個性豊かなヒロイン達をチェックしよう!

カテゴリ: アプリ情報

「任侠」とは、本来仁義を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人を見ると放っておけず、彼らを助けるために体を張る自己犠牲的精神をさす語(wikiを参考)。

 

『二代目は☆魔法少女』は、正義任侠、そして魔法少女が登場するという大変ユニークなアドベンチャーだ。「任侠」という言葉の意味を、wikiを参考にして先に書いているが、確かに男気というか兄貴~ッ!的なヒロインが登場する。

三度のメシより女の子が大好きで下心まるだしな主人公「菅原 文太郎」は、火災で、住んでいたアパートを火事で失ってしまが、ヒロインの「鬼龍院 ハナ」に「とりあえずうちに来るか?」と優しい声を掛けられる。

 

この「鬼龍院 ハナ」が兄貴的なヒロインだ。後のストーリー概要を読んでいただくと理解頂けると思うが、愛と正義で外道悪党を懲らしめ、主人公の母の形見のストラップで「魔法少女」に変身する!

『二代目は☆魔法少女』ストーリー概要

魔法の国、「ニンキョナーサ」。その平和な国は、現実世界に住む人々の他人を思いやる心を糧として成り立っていた。

だが、誰もが自分のことばかりを考え、思いやりの心=侠気(おとこぎ)を失いつつある世の中、魔法の国は滅びの危機に瀕していた…。

 

その魔法の国のピンチを救うため現実世界に遣わされたのが、先代の魔法少女。

彼女は世の中にほんの少し残された「侠気」を集め、「ニンキョナーサ」を滅びから救ったのだった。

 

そして、それから十数年。「ニンキョナーサ」は再び滅びの縁にあった。かつてと同じく、人々が侠気を失ってしまったことだけでなく、魔界マフィアにも狙われていたのだ。

異世界を次々と地上げし、我が物としていた魔界マフィアたちは、「ニンキョナーサ」の危機を敏感に察し、ハイエナのごとく迫ってくる。

 

だが、先代魔法少女は既に亡く、現実世界で生活する魔法少女の唯一の子供は男の子。

今まさに「ニンキョナーサ」始まって依頼の危機に、「侠気」溢れる少女の登場が、強く強く待ち望まれていた。

…それはそれとして、現実世界。

そんな魔法の国の危機などはつゆ知らず、今日も楽しくのほほんと生きている主人公、菅原文太郎。

 

天涯孤独の身ではあるものの、生来の女好きを存分に発揮して超前向きに生きていた彼は、ある日突然の火災で、住んでいたアパートを焼け出されてしまった。そんな彼に「とりあえずうちに来るか?」と親切な声をかけてくれる大家の娘、鬼龍院ハナ。

 

可愛い女の子に「家に来い」と言われた事に鼻の下を伸ばしつつ、ついていく文太郎。

 

さすがの文太郎も最初は怖じ気づくものの、そのお屋敷「鬼龍組」が女所帯と知るや、あっさりと居候を決め込む。折しも、鬼龍組は先代組長を亡くしたばかりで、敵対する組と抗争のまっただ中。

文太郎は、可愛い女の子との夢のような生活を守るべく、ケンカも弱いくせに立ち上がるのだった。

…とはいえ、ケンカはからきしの文太郎。案の定、ちんぴら共にぼこぼこにされてしまう。

そして、危機に陥った文太郎を助けようと、ハナが駆け寄ってきた時……。

 

文太郎の母の形見のストラップが輝きを放ち、ハナは、「魔法少女」に変身した!!

 

 

魅力的なキャラクター達を、次のページで紹介していくぞ!

 

 

 

1 2 3