ADW.Launcher特集 第11回 – 『ADW設定-一般的な挙動』☆主にスワイプアップ・スワイプダウン設定など

ADW.Launcher特集 第11回では『ADW設定の一般的な挙動』について簡単にまとめさせていただきたいと思います。

メニュー項目の「一般的な挙動」と言われても、僕も初めは「何の挙動なのかサッパリよ!」てな感じでしたが、そうですね、個人的に触る設定と言えばはスワイプアップ・スワイプダウンの動作設定かなぁ。

「スワイプアップ・スワイプダウン」の動作設定は、ADWをインストして初めて使う場合は、必ず最初に何かしらの動作を設定されることをオススメします。

(彼、結構重要というか初期設定の動作が気に入らない場合もありますので。やっぱり第一印象が大切ですから、ご機嫌を悪くなさらずに設定してあげてくださいね)

一般的な挙動の設定について

それでは、項目ごとに簡単ですが解説していきます。

Senceプレビュー

他の動作に設定していれば動作は変わりますが、Android本体の「ホームボタン」を押したときにプレビュー表示されるデスクトップの形式を指定することができます。

SenceプレビューをONにしていると、1画面全体を使って全ホーム画面がプレビュー表示され、OFFに設定すると画面下に小さくプレビューが表示されます。

これはお好みで設定してくださいね。

フォルダを閉じる

これは、前回の記事で書いた「ADW.Launcher特集 第9回 –『フォルダを上手に使う』」のフォルダ内のアプリを起動した際の動作を指定することができます。

ONにすれば、アプリを起動すると開いているフォルダが自動で閉じられ、OFFにするとアプリを終了してもフォルダは開いたままの状態で維持できます。

 

でも僕が試した感じでは、OFFに設定してもアプリの種類によっては、終了するとフォルダも勝手に終了したりしたよーな記憶がありますね・・・あいまいな記憶で申し訳ないですが、これもお好みで設定してくださいね。

通知を表示・バブルフォントサイズ

僕もコイツの設定については「??何も変わらねぇーぞ?」と悩んだのですが、ADW用の通知用プラグイン「ADWNotifier」をインストすると設定が反映されるようです。

「ADWNotifier」は、無料のADW用追加機能アプリで、例えば電話がかかってきて不在着信にすると「電話」のアイコンに①のような感じで通知カウンタが表示されるようになります。結構便利なので使ってみてくださいね。尚、通知カウンタはインストした機能追加アプリが対応しているもののみとなります。機能追加アプリは他にもあるようですので、興味がある方は調べてみてくださいね。

少し解り難いかもしれませんが、バブルフォントサイズを変更すると、表示されるカウンタ文字サイズを大きくしたり小さくしたりすることができます。

通知を表示をOFFに設定すると、カウンタは表示されなくなります。

(カウンタが表示されている状態で「非表示」にしても表示されたままになります。次回から表示されないということで)

スワイプアップダウンアクション・スワイプダウンアクション

スワイプアップとスワイプダウンは、アクションを指定できるので便利です。以下のアクションを各操作に割り当てることができますので、操作しやすい設定にしましょう。

 

以下のアクションを設定することができますが、いちいち動くと邪魔だなと思う場合はNONEに設定してあげてください。

 

  • NONE(何も設定しない)
  • デフォルトデスクトップに移動
  • デフォルトデスクトップに移動/プレビュー表示
  • プレビュー表示
  • ドロワーを開く/閉じる
  • ステータスバーの表示/非表示
  • 通知を開く/閉じる
  • デフォルトデスクトップに移動/通知を開く
  • ドックバーを開く/閉じる
  • アプリを起動(起動したいアプリを選択できる)

 

 

 

以上、『ADW設定-一般的な挙動』について簡単にまとめてみました。

 

次は、「ADW設定-システム設定」について書く予定です。