禁断のゲームに導かれる若者のサイコサスペンス『ADV トガビトノセンリツ – KEMCO』☆強要シチュはイイけれど、殺人はイヤなのです

ADV トガビトノセンリツ – KEMCO』は、 私立志加田第三高校・管弦部が課外活動中に突如拉致され、「プリズナーゲーム」と称する理不尽な殺人ゲームに導かれる、11人の若者をかいたサイコサスペンスのノベルアドベンチャー。

 

「プリズナーゲーム」での”敗北”は”死”と同じで、”監獄外への脱出”のため”勝利”しなければいけない。プレイヤーは主人公の「竹井和馬」となり、生か死かを決定する選択肢を迫られます。

タイトルにて”トリセツ”と見間違いしてしまった自分ですが、”センリツ”です。女の子キャラも多数登場しますが、殺人ゲームにハラハラドキドキなのです。

 

管弦部メンバーが課外活動のため、集合場所に集まりますが、ボケもあり楽しい雰囲気の流れ。ほほう…そうか、最初は楽しい雰囲気で油断させた後、次第に地獄へと落とされるというタイプなのかな。

理不尽な殺人「プリズナーゲーム」。裏モードで明らかになる事件の真相と物語の真の結末は必見らしいぞ!

前にも書いていますが、課外活動中に拉致されてしまう管弦部のメンバーは生徒と教師を含めて11人。キャラクターの特徴など含めて、名前を整理しておいた方がいいかもしれない。

そして防護服?らしきものを身にまとった人物に拉致されてしまう。ふと気が付くとそこは閉鎖空間、メンバーは「プリズナーゲーム」を強要されることに…

しばらくプレイしたところ、選択肢の判断がまずかったらしく、BAD的な流れとなり、先生に怒られてしまった。

 

この「プリズナーゲーム」、三大原則や”看守”と”囚人”といった具合のルールがある。見取り図(全体と個室)などもあるので、そのあたりをしっかりと把握しておいた方がよさそうだ。

 

最初のうちは覚えるのは難しいと思いますが、タイトルからいつでも「ルール」を見ることができるのでご安心あれ。

感想とまとめ

  • 禁断のゲームに導かれる若者のサイコサスペンス
  • 生か死か?迫られる選択肢にドキドキ
  • 苦手な方にやさしい”過激表現”のON/OFF付き

 

クリアすることで、真相を知ることができる「裏モード」が解放され、各キャラクターの本心や裏シーンを覗き見ることが可能。

 

『プロローグ』全編と『1日目』の終盤まで無料、本編を購入することで最後までプレイすることができます。

アプリ基本情報

アプリ名

ADV トガビトノセンリツ – KEMCO

配信元 KEMCO_GAMES (Kotobuki Solution Co., Ltd.)
対象OS 2.2 以上
価格

1日目の終盤まで無料
本編は525円 

アプリのアクセス内容(レビュー時点のバージョンにて)

  • ネットワーク通信
    完全なインターネット アクセス
  • 電話/通話
    端末のステータスとIDの読み取り
  • ストレージ
    USB ストレージのコンテンツの変更/削除

 

【記事作成:もりっくす☆JAPAN】

この萌えアプリもオススメ!(自動集計β版)

KEMCO_GAMES (Kotobuki Solution Co., Ltd.) の萌えアプリ

オススメの記事とコンテンツ