休みがちな脳が今、活性化される!マインスイーパ的な脳トレ系アプリ『メンタラリスメティック』☆対戦キャラである女の子たちがほのぼの可愛い♡

あの放置プレイ的なRPG『DungeonDiary』を開発された「windbell」さんから、マインスーパ的なカードゲーム『メンタラリスメティック』がリリース中。

 

単純に説明すると5×5(計25枚)のパネルを開き、(CPU対戦の時は)パネルの数字の合計を競い合うゲームとなっている。開くパネルにはヒントが用意されているので、頭を使いながら、または上手に駆け引きしながらプレイすることが必須となる。

 

1人~4人プレイ(2人以上はCPU対戦)や、パネル数字の変更・爆弾の設置など色んな設定ができるので、様々な遊び方ができるぞ。

マーケットのアプリ説明の最後に、ネタ的なQ&Aがあるのだが、上司に5秒で却下されたというキャッチコピーがあったようだ。

 

そこまで萌え萌えQun!な感じではないのだが、対戦相手に女の子キャラも登場するのでレビューしてみたいと思う。

眠っている脳を解放!対戦相手の女の子キャラを打ち負かすぜ!クロック数の低い僕の脳(1コア)をフル回転しながら頑張ってみた。

メニューボタンを押すと、ゲームのルール設定や、(最初は)チュートリアル的要素も含まれたイベントバトルができる。

マインスーパとはちょっと違うので、最初はイベントバトルから始めたほうがいいかも。

まぁ説明すると上部キャラ絵の下にある数字は、「G」がゲーム回数、「赤の爆弾絵」「青枠内に書かれた数字」の横にある数字は、パネルの爆弾の数や数字の数を表す。

 

パネルの左下の数字」は、そのパネルを含む上下左右の隠された数字の合計となっている。よって頭をフル回転させながら高数字なパネルを狙うのである。

ただCPU対戦の場合、パネルを開くのに順番はなく同時に選ぶ方式なので、誰かの同じパネルを選んでしまう「おてつき」が発生することもある。すると「×印」となり得点が最大2倍になるが、次のターンは選択できない。自分と他CPUがおてつきした場合、他CPUに取られる可能性もあるわけだ。

 

おてつきしたパネルにはキャラクター色のしおりがつくので、自分がおてつきしてなければ狙っていくのもいいが、もちろんおてつきしてない対戦CPUも狙ってくるので駆け引きも重要。

プレイ開始すると自キャラはブタ…「萌え豚上等!」。CPUはランダムみたい。キャラによって強さが違うので要注意!

何回やっても勝てねぇ!

 

でも、可愛らしい彼女たちの姿が見れたのでヨカッタ♡…べ、別に負け惜しみじゃないもん!

感想とまとめ

  • パネルをめくって高得点を目指すマインスイーパ的なカードゲーム
  • 個性豊かでほんわか可愛い美少女たちとの戦略バトル
  • 脳がもうヘトヘトです
 
無料アプリとしてリリース中。ゲームルールの設定により、難易度やお手軽に遊べるゲームとなっているので、プレイしてみてはどうだろう?
 
このアプリとは関係ないのだが、『DungeonDiary』のマーケット上のイラストがカッコ良く変わっていたのに驚いた。更新もされており、更に面白くなっていたぞ!借金返済頑張って、うどんこちゃん!

アプリ基本情報

アプリ名

メンタラリスメティック

配信元 windbell
対象OS 2.2 以上
価格

無料

アプリのアクセス内容(レビュー時点のバージョンにて)

  • ネットワーク通信
    完全なインターネット アクセス

 

【記事作成:おにっち】