いつのまにか『ADW.Launcher』が超パワーアップしていた件☆アラやだ、ICSっぽくてとっても素敵じゃない。

カテゴリ: アプリ情報

個人的に大好きなホームアプリ『ADW.Launcher』をチェックしてみるとマーケットアイコンが変わってる!「アレ?いつなの??いつバージョンアップしたの!」と興奮気味に覗いてみると、これがもう大幅にパワーアップしています。

 

「なんだテメェ、使ってりゃマーケットからアップデートくるだろ?」と疑問に思われるかもしれませんが、レビューするアプリの中に、ホームアプリだってあるのです。仕方なく、アンインストしておりましたため、今回のバージョンアップには驚きでした。

全体的にICSな匂いがプンプンしますね~。テーマを変更することで変わるかもしれませんが、スライドによるホームの動きやエフェクト、ドックなどのデザインは、キャリアやメーカーさんのホームアプリと比べると、Android標準のものに近いです。ウェヒヒ。

 

root取って完全におもちゃ化していたSO-01Bにも入れてみたところ、なんだか彼も現役で行けそうな気分になるので不思議です。

ホーム画面スクロール時のエフェクト速度などは、ADWの設定項目をカスタマイズします。ADWはカスタマイズできる設定項目の豊富さも特徴の一つだと思うのですが、まだ日本語化に対応していないようです。

 

メニューや設定項目はすべて英語となりますが、頑張ればなんとかなる程度だと思います。無料版でも、いくつか使えるプリセットがありますので、ADWSetting -> System にある Presets から選んでみましょう。Default と Nexusish はあまり変わらないような気がしますが、僕は Default を選び、カスタマイズしていきました。

シャキシャキ感のある動きを希望であれば、Screen にある Desctop scrolling speed と、App Drawer にある Application drawer behavior の Zoom effect speed を小さい値へと変更してみてね。ドロワー(アプリ一覧)の背景色の変更は、App Drawer の Background color、縦横に表示するアイコン数は、 Columns または Rows を調整してください。(Portrait は縦画面、Landscapeは横画面です)

 

くぱーやダブルフィンガーなどの動作を Gestures で設定できます。ホームボタン押下時の動きも設定できるようですな。

細かいところまですべて見ていませんが、ホーム画面数の追加/削除もできますし、面白いことにホーム画面の領域を大きくしたり小さくしたりすることもできました。

 

ざっとした内容ですが、インストして初めにイジイジした部分はこんな所かな。アイコンのテキスト文字色やサイズなどもカスタマイズできますが、デフォルトのままで十分。

 

そうそう、ドロワーを開くなどのショートカットは、ホーム画面長押しのメニューの Add タブを開き、LauncherActions から追加することができます。間違って消した時の対応法ですね。

 

 

新しくなったADW.Launcherの登場に嬉しくなって書いてしまった記事ですが…ホント設定項目が多いのですべて書くことができないの。

 

そういえば、ウチのサイトでADWのまとめ記事書いてましたが、新しい内容へと更新するか否か考え中…です。

 

 

僕個人の中では、ADWはサクサク動いてくれるホームアプリの1つと思っていますので、2系のAndroidを使っている方でICS風なホームへ進化したい方にオススメします。また、メーカーやキャリアのホームアプリから気分転換したい方にも良いですよ!

アプリ基本情報

アプリ名

ADW.Launcher

配信元 AnderWeb
対象OS 1.6 以上
価格

無料
有料版は238円

アプリのアクセス内容(レビュー時点のバージョンにて)

  • 料金の発生するサービス
    電話番号発信
  • 個人情報
    連絡先データの読み取り
  • ストレージ
    USB ストレージのコンテンツの変更/削除、SD カードのコンテンツの変更/削除
  • システム ツール
    実行中のアプリの取得
    システムの全般設定の変更

 

【記事作成:もりっくす☆JAPAN】