”おばけ”がさまよう学校!女子高生の運命はいかに!!『きもだめし』☆嗚呼、父さん。僕の懐中電灯の電池残量は1%なわけで。の巻

”きもだめし”に学校へやってきた女子高生たちの目の前におばけが出現。突然姿を消してしまう友人・・・さぁ、彼女たちの運命はいかにッッ!

 

マーケットスネーク中、そんな探索要素もある脱出ゲーム?のようなゲームアプリ『きもだめし』を発見したぞ。アプリの説明に「女子高生が~」的なくだりがあったので、誘われてプレイしてみたが、懐中電灯をたよりに進んでいくシンプルなゲームがこれまた難しくて面白い。

グラフィックは個人的には大好きなファミコン風、たまにはドット絵な女子高生を堪能してみるのも良いだろう。

 

「懐中電灯」のスイッチをONにすれば、ごく限られた範囲のおばけたちが見えるようになり、おばけは一定時間光りをかざし続けると消すことができる。だがしかし、この「懐中電灯」には電池残量があり、スマフォのように電池残量を意識しながら、先へと進む必要がある。

 

おばけは懐中電灯がないと見えないため、電池残量がなくなったときは・・・そう、女子高生たちにはどうすることもできないというわけだ。

進行方向を変えるときが一番危険ですね。イヤッ!イヤァァァア!と心の中で叫びながらプレイしよう。

主人公の女子高生の操作は、画面をスライドすることで行う。会話などのテキストを進めたり、ドアや何かを調べたりする時は、画面右下にある「?」のアイコンにタッチだ。

 

スタート直後のちょっとしたプロローグでは、奥の部屋へと進んでみると、複数のおばけに襲われようとしている女子高生(友達)の姿が!これはイカン、すぐに救出だ!

元の部屋へと戻ると、友達の姿がない。その教室で懐中電灯を入手し、迷路のようになっている部屋のさらに奥を目指そう。

 

電池残量がある懐中電灯は、電源のON/OFFができる。光が届く範囲は小さいので、じつは背後にいましたよ適な”おばけ”が一番困る。

光りを一定時間当てることでおばけは消すことができるのだが、ロッカーのような場所から現れる大きなおばけは、通常のお化けと比べ、若干硬いような気がした。

 

おばけにうっかり触れてしまうと、その時点でゲームオーバーだ。コンテニューすれば、その部屋の入り口から再スタートできるので、何回でもチャレンジすることができる。

感想とまとめ

  • おばけがさまよう学校!女子高生の運命は?
  • 探索&脱出ゲームのようなアプリ
  • 懐中電灯の電池残量にビビリながら先へと進む

 

無料アプリでリリースされており、暇つぶしに一度プレイされてみてはいかがだろうか?先へと進むと、ものすごい数のおばけたちが出現。懐中電灯をこまめにON/OFFしながら、先へ進むことが重要のようである。

 

一度クリアしてからレビューを書こうと思ったが、意外に難しいため挫折してしまった。今夜あたりにクリアしてみようかと思ふ次第。

アプリ基本情報

アプリ名

きもだめし

配信元 AMACHAN
対象OS 1.6 以上
価格

無料

アプリのアクセス内容(レビュー時点のバージョンにて)

  • なし

 

【記事作成:もりっくす☆JAPAN】

この萌えアプリもオススメ!(自動集計β版)

このアプリに関連する「萌えポイント」データから他の萌えアプリを検索して表示します。

お手数ですがアプリプレイ後は、ぜひ「萌えポイント」を送信してください。

AMACHAN の萌えアプリ

オススメの記事とコンテンツ