『6/12 ~ 6/18 萌えアプリレビューのアクセスランキング!』☆よしキタ!今週の萌えアプリレビューアクセスランキングを発表!

カテゴリ: ランキング

皆様、こんにちわです。

いつも萌えドロイドを見てくれて本当にありがとうございます!

 

はいきました!今日は月曜日!!

先週の萌えアプリレビューのアクセスランキングの発表でございますよ!

 

今週のトップランクインのアプリは何でしょうね~。壁紙系のアプリ以外にもアクション系のゲームもございますので、暇つぶしや雨の日などの空いた時間に遊ぶアプリの参考としていかがでしょうか?

レビュー記事集計期間は 6/12 ~ 6/18でございます。

 

それでは、ランダムピックアップからご案内!

まずはランダムピックアップ!ですの

※ レビュー記事データより、乱数項目をセットし昇順ソートで抽出しております。

A 6人の萌えメイドさん!『メイドさんdeパズル』メイドさんと頭の体操スライドパズル。タイムアタックもあるよ
B 足バタふんばりジャンプ!『エミリージャンプ』☆穴に落ちないようジャンプして、遠くを目指すアクションゲーム

 

『メイドさんdeパズル』と『エミリージャンプ』がランダムピックアップとなりました。

 

「メイドさんdeパズル」は、かわいいメイドさんキャラが登場するイラストのスライドパズルアプリです。確かAIRアプリだったような気がす。パネルを動かすことができる「手の数」以内にクリアする必要があるので、スライドパズルが得意な方にもお楽しみ頂けるかと思います。有料アプリです。

 

次に「エミリージャンプ」ですが、キャラクターをジャンプさせながらステージを進む横スクロールアクションゲーム。スコア条件をクリアするとギャラリーモードが解放されるおまけ付き。無料アプリですので未プレイの方は一度遊んでみてはいかがでしょうか?

6/12 ~ 6/18 週間アクセスランキング

1位 踊るポリゴン初音ミク『踊るはちゅねミク』☆これじゃまるでネギ祭りッッ”Ievan Polkka”を踊る、総勢9人のポリゴンなミク達
2位 ゲームとコミックが合体!『Imaginary Range』☆イベントやミニゲームをクリアして物語を進める。集めたコインでギャラリーを解放しよう
3位 まぶしすぎるエリオ『電波女と青春男(アニメ) きらきらライブ壁紙』☆スライド操作でキラキラなエフェクトを楽しめます!
4位 神メモの壁紙アプリが登場!『神様のメモ帳(原作)電モバ Wallpaper』☆アリスの壁紙を収録。ファンは今すぐチェックしよう!
5位 これは良いカレンダーアプリ♡『AngelRingカレンダー 2011-2012年版』☆壁紙設定も可!美少女系PCゲームのカレンダーを使ってみた
6位 あの領域アプリ無料版!『絶対領域new FREE』☆”領域乳規制”は脳内補完で!激しくバランスを崩すのが正しいプレイ?
7位 銀河一速い奴は誰?『Planet Racer』☆タイムを競うレースゲーム!女の子キャラがいたので遊んでみた
8位 中国拳法娘なタッチ系『ぷるるん★天国 No.009 李 雲華』☆ピンク髪キャラ大好きな僕…試してみました
9位 キタぜ!朗読系アプリ!『朗読同好会 村上遥 杜子春(上)』☆ラクチン&癒される♡萌えキャラ朗読同好会に入部してみた
10位 新たなタッチ系アプリが登場!『ぷるるん★天国』☆諷子ちゃんをお風呂で…?!頑張ってゲージをMAXまで上げてね♪

 

今週の1位は、「踊るはちゅねミク」!!

3Dポリゴンなミク達が、みんな知っているあの曲にあわせて、ネギを振って踊るエンターテイメントなアプリ。

見て楽しむアプリですな。レビュー時のバージョンでは、上下に視点変更ができたので、真上から見たり、真正面から見たり楽しませて頂きましたよ。無料アプリですのでお試しあれ。

 

2位は「Imaginary Range」です!

ゲームとコミックの両方を楽しめる、「スクエニ」の新しいジャンルのアプリ。コミックの途中にたくさんのミニゲームがあり、コインを集めてギャラリーを解放できるスクラッチに挑戦しよう。

まさかの無料アプリなので未プレイなら一度は試しに遊んでみよう。

 

3位は「電波女と青春男(アニメ) きらきらライブ壁紙」です。

大人気アニメ「電波女」のライブ壁紙で、スライドなどのタッチ操作にあわせてキラキラと星が輝くエフェクトが発生する有料アプリです。アニメのワンシーンを見ているかのような、かわいいエリオを楽しみたいファンの方にピッタリかと思います。

気になる方はチェックしてみましょう。

 

以上、週間萌えアプリアクセスランキングの発表でしたがいかがでしたでしょうか?

 

次回の週間アクセスランキングは、来週の月曜日になります。

 

 

それではまた!